ロンボク」タグアーカイブ

ホリデーリゾート@スンギギ

初日にお湯だの冷房だのトラブルに見舞われましたが、

その後、コテージに宿泊、部屋も広いし、バスタブもいい感じ。

なんといっても、部屋が広く、部屋の前はこんな整備されたヤシの木が生えてます。

気持ち良い!

プールも広く、飽きずに過ごせます。

またホテル内、アクティビティもある程度充実してまして、

なんといっても子ガメの海への放流!

Turtle release

こんな小さなカメがホテル内で飼われていて、

夕方、希望者は手で海へ持っていき放つことができます。

なんと!

50000ルピア(390円)

安い!

というか値段じゃないですが・・・

あとは子供に乗馬させたり、もろもろあります。

結果的には、好印象のホテルに変わってました。

Tripadvisor的には、いいことも悪いことも、起債ありましたが、

我が家的にはGOOOOOODでした。

あえてイマイチなところを挙げると

立地が悪い

波が高く、泳ぐのが困難

でしょうか。

いずれにしてもおすすめのホテルです。

マタラムのショッピングモール

マタラムモールは何とも古めかしいモール

アジアに行き慣れてる私はだいたい感覚がわかります。

こんなチビッコの喜びそうなスポットが。

で、モール内を電動車で乗りまくります。

疲れたらカフェでお茶。

移動してEpicentrum Mallへ。

こちらはかなり洗練されたモールです。

マタラムモールより圧倒的に賑わってますね。

やはりこういう流れはどの国も同じなのか。

ゲーセンで遊ぶ。

なんかよくわからんガンダム的な着ぐるみにチップ払い、終了!

マタラム楽しいね!

マタラムまでバイクツーリング

宿泊先のホリデーリゾートはスンギギエリアの北部 Mangsitにあります。

ホテル周辺には、雑貨店程度しかないので、バイクを借りることにしました。

これがあればどこでも楽ちんです。

とりあえず、買い物にマタラムへ15kmほどかっ飛ばしました。

市内に入るとこんな感じで交通量が多いです。

遅めのランチにこちらのレストランにふらっと入って見ました。

美味いインドネシアレストラン

ミゴレン↓

とうもろこしの揚げたヤツ↓

マッシュルームの天ぷら↓

ビールがないのでコーラで

とまあ、ここは非常に良いレストランでした。

お次は給油

よくあるペットボトル給油です。

1リットル80円くらいか??

と、ようやくマタラムモールに着きました。

ロンボクホリデーリゾート Holiday resort 投宿

ジャカルタからロンボクまでは1時間40分ほど。

ガルーダのフライト中、機内食も出ました。

チャイルドミールはぬいぐるみ付き、おまけに大人のミールより、量が多い!

とか、思ってるうちにロンボク到着。

到着後、使ってみたかったアプリ Grabで、タクシーを呼び出し、

なかなか会えなかったけど、まあ何とか。

車で1時間ちょい、ホリデーリゾートに到着しました。

部屋はビーチバンガロー的な、割といい部屋にしたのですが。

エアコン効かず、お湯出ず、TV付かず、

おいおいズタボロ状態で、

我々もブチ切れ!

この日は普通の部屋にタダ宿泊。

おまけに晩飯+アルコールをゴチになり、

まあ我々の気持ちも収まりまして、

翌日には、別のビーチバンガローに投宿することになりました。

エアアジアX プレミアムフラットベッドシートでジャカルタへ

夏休み的に旅立ちます。

台風前に出発できました。

行きは成田、帰りは羽田のルートだったので、

蒲田まで車、AKIPPA パーキングで駐車

1日700円でした。

その後、蒲田から京浜東北線で日暮里、乗り換えの

スカイアクセスで成田と、ちょい面倒なようで、

まあスムーズに成田着きました。

さて、エアアジアXは、第二ターミナルのNカウンター

端っこのわけわからん場所にあります。

かなりごった返してましたが、我々はプレミアムなので、スムーズに、、、

とはいかず、ちょい待たされました。

プレミアム感、ゼロす。

さて機体はA330-300

座席は1A.1C.1Dの三席連席です。

プレミアムシートは12席でしたが、半分空席でした。

シートはこんな感じ。

手元のコントローラーで180度まで倒れます。

離陸後、真っ赤なブランケットと枕が配られました。

食事は1食付き、離陸後か、その後か聞かれます。

でも食事ったって、これだけす。汗。大汗。

まあ、あとは持ち込んだパッドをひたすら見るのみ。

今回はノイズキャンセリングヘッドホンを買いました。

高価なだけあって、効果抜群!

一度付けると、静音そのもの。

飛行機のゴーっ音が、すっかり消えますね。

約7時間でジャカルタ到着です。

海外航空券チケッティングの技

いよいいお夏休みモード全開ですが、我々は7月末からインドネシアに行くことになりました。

バリ?とかでもないのですが・・・バリの隣のロンボクです。

 

とりあえず、話が飛びますが、今回のチケット(航空券)取得をメモしておきます。

私、航空券検索が趣味?でして、

SKYSCANNER メインで検索しております。

そんな中、PNH(プノンペン)発 NRT(成田)行の片道 MH(マレーシア航空)のチケットを発見。

なんと日付は 2019年1月5日、来年年始ですよ!

年始の戻りピーク時です。

3人で585ドル(63500円)買いました。

お次は

今週 7月28日出発の NRT 発 CGK(ジャカルタ)行の片道 XT(エアアジアX)のプレミアムフラットシート

要はLCCのビジネスクラスまがいの席です。

5月下旬に見たら、スペシャルレートじゃないですか。

3人で 110000円、買いました。

CGKから先はインドネシア国内のLOP(ロンボク)で滞在、GA(ガルーダインドネシア)利用 3人で23500円

LOPからKULまでAK(エアアジア)利用 3人で38500円 とチケットを買い足しました。

最後 8月初旬に帰国するのでKUL(クアラルンプール)発 HND(羽田)行 + NRT(成田)発 KUL(クアラルンプール)行の

NH(全日空)プレミアムシート往復で安く購入です。

えっ? NRT -> KULはいつ使うのって?

これ今年の年末の12月29日発でとれたのです。

3人で往復 227000円でした。

<2回分の航空券費用合計>

XT(Premium) 110000円

GA(Economy) 23500円

AK(Economy) 38500円

NH(Premium) 227000円

MH(Economy) 63500円

 

合計462500円

一人当たり 154000円(77000円x2旅行分)と計算できました。

我ながらやりました。

こんな旅程で、週末よりインドネシア行ってきます!