サハラマラソン」カテゴリーアーカイブ

マラケシュのキオク

MDSサハラマラソン 2019 完走後、ワルザサードのホテルに1泊。

ホテルはこんな感じのまずまずの中級ホテル

いかにもモロッコらしい雰囲気でしたよ。

シャワーで1週間の汚れを落としました。

まあードロドロでしたが、そこまで汚れてない?

靴下、パンツは履きっぱなしだったので、そのまま捨ててきました。

右足甲は腫れっぱなし。靴が履けませんでしたー涙


↑しばらく、この100キンサンダルで過ごしました。

部屋にチェックイン、シャワーの後はお楽しみの夕食ブッフェ。

ワイン、ビールもたらふく飲んで

カロリー補給しまくりました。

いやぁ、食べる欲望ってのは衰えないですね!

翌日、我々仲間4人のみでワルザサードを去り、

路線バスにてマラケシュに移動しました。

山を越え4時間ちょいほど。

バス席が狭く、サハラマラソン後にはキツかったですが、景色も抜群に良かったので、

なかなかのバス旅でした。

夕方には事前に予約していたナタラジホテルにチェックイン。

シングルで2000円と格安の割には、広々、立地もよく、いいホテルでした。

さてさて、

お待ちかねのマラケシュナイト

お店選びは事前に要チェックです。

なんてったって、アルコール飲めるような雰囲気のいいお店もなかったりするので

かなり限られます。

フナ広場に面した眺めの良いレストランで、仲間とまずは乾杯!

夜な夜なまで乾杯は続きました。

MDSサハラマラソン 〜 Stage 6 チャリティーレース

Stage 6 



サハラマラソン完走しましたが、最終日、ホテルに向かうバスまでの5kmほどの道のり

チャリティーステージがありました。

これは、皆で同じTシャツを着て、ワイワ走る、歩くイベントです。

参加は必須、といっても、これ歩かないとバスにたどり着けないので・・・

チームJAPANで、過去を振り返りながら、ワイワイ歩きました。

この後ホテルに着くのは、おそらく夕方遅い時間。

久しぶりにシャワーが待っている!

焦る気持ちもありましたが、

この5kmの後、バスで5時間?

先は長いです。

とりあえず、砂漠を最後まで楽しみました。

SMI:RE DINERでサハラマラソン 完走お疲れ肉肉会

昨日サハラマラソンお疲れ肉肉会をしていただきました。

場所は、代々木八幡のSMI:RE DINER


 

某建築士の運営するレンタル貸しスペース的なたった3坪の空間です。

真横には小田急線が走ります!

我々仲間7人でお邪魔して、ちょうどいい感じ。

 

あとは某建築士の方が肉のフルコースをふるまっていただきました。

 

これでもか、これでもか!

 

というくらいの肉肉肉!

 

アルコールもたっぷり飲んで、

 食べ過ぎ飲みすぎました。

 今日は宣伝もかねて・・・

 

こんなスペース使ってみたい、肉のフルコースを食したい方は、是非ぜひ連絡してくださいね!

 以下ご案内です!

 予約受付中

「シークレット貸切29会」記念すべき第1回目

サハラ砂漠マラソン完走歓迎会!

本日のメニュー

厚切りタン 700グラム

肩ロース焼肉 925グラム

リブフィンガー 630グラム

肩ロースかたまり 1690グラム

プルコギ 1325グラム

タンドリーチキン 1200グラム

豚生姜焼き 1200グラム

長野生しいたけ

ピーマン

太麺焼きそば

チーズタルト

コーヒー

肉 7670グラム 完食ならず

会費3500円+チャージ500円

飲み物2000円飲み放題またはキャッシュオン:アルコール600円その他300円

8人集まれば開催しますので、個別にご連絡ください。

誕生日会

同窓会

コンパ

闇会

などなど使い方はいろいろです。

今後とも新しい29会ご期待ください。

 

 

 

MDSサハラマラソン 〜 Stage 5

 

Stage 5 (42km)


 オーバーナイトを終えて、その日はほぼ1日フリータイム

 洗濯をしたり、昼寝をしたり、思い思いに過ごします。

 

ヒマそうに思えましたが、なんだかんだ、あっという間に夕方になり、

 いつも通りの晩飯。

 今日はサプライズでコカコーラが配られました!

 

久しぶりのシュワシュワ感じ。

 ハンパない!

 さて、夜が明けて、ファイナルステージ

 今日は通称マラソンステージと言って距離は42KM

 フルマラソンと同じ距離です。

 距離感がマヒしてますので、どうってことないです。

 ただし、私の左足首が強烈に晴れていて痛い、それも激痛!

 

仕方ないので、ロキソニンを飲みながらレースに臨みます。

 

最終レースだけあって、みな、早くゴールしたい!

のか、スタートと同時に、結構なスピードで走り始めました。

私も薬が効いてるのか、走ります!

 数キロ地点で、巨大な岩山が現れ、登山道で渋滞。

 

しばし、休憩となります。

 

おまけに寒い!

 走るコンディションには最高でした。

 このステージは変化に富んで、景色が良いコース。

 砂漠あり、集落あり、後ろからエリートランナーが通過など

 

ほぼほぼ走ってCP1,2を通過。

 最後のゴールが見えた時には、感無量でした。

 

方々からランナーが嬉しそうに走っていく姿、

 自分もそうでしたが、レースが終わる悲しさもあり、

 まだ走りたいんかい??

 と突っ込みたくなるほど。

 いやいや走りたくないです。

 早くビール飲んでベッドで横になりたいっす。

ゴール地点では、パトリックが出迎えてくれました。

 

お疲れさまオレ!

ゴール後↓治療しました。

 

 

MDSサハラマラソン 〜 Stage 4

STAGE 4 

いよいよここまできました。ステージ4!

 オーバーナイトステージの時です。

 

皆思い思いにスタート地点に立ちます。いったい何時に今日はゴールできるのか不安で仕方ないです。

全行程76.3KM

 制限時間31時間

 CPは6か所

とりあえず、長丁場になりますが、ほどほど早歩き+軽くランを組み合わせ

夜中の午前2時目標にスタートしました。

 

例によって、ウル覚えですが・・・

 歩く、ガレ場、砂漠、CP

 

歩く、ガレ場、砂漠、CPの繰り返し。

 CP4で日が暮れて、

 

長めの休憩、兼、晩飯です。

 

20分ほど休憩して、トボトボ暗闇を歩きます。

 

CP5でチェアは設置されており、甘いお茶のサービスもあり、

 

ゴールまでもう一息!

 楽勝かと思いきや、

 途中、ガレ場の坂道を上り、川を渡り、

 ででーん!

 激坂、おまけに砂道がどこまでも続いてます。

 ここでこれですか!

 ヘッドライトの明かりを頼りに、ゆっくりと登山です。

 くたくたになり、登頂し、一気に下り最終CP。

 残り数キロなので、通過します。

 

時間は午前0時半くらいか・・・

 のこのこ歩いていくと、遠くにゴールが見えてきました。

 

前後には多少ランナーがいるっぽいですが、かなり間隔があいてまして

 独りぼっち感半端ないです。

そこまで疲れもないのかな?

余裕な気持ちで午前1時半くらいにゴール

やりました。

 

オーバーナイト!

 

MDS サハラマラソン 〜 Stage3

Stage 3 — 37.1km


 

ステージ3までやってきました。

もう1か月半前のことなので、思い出しながら書いておりますが、

 

この日ばかりは、あまり覚えてないので、写真を振り返ってみました。

 

朝飯、撤収、スタート、CP1,2,3 と

 

そうだ、このステージはCPが3か所だった・・・

なにせ翌日のステージ4は、オーバーナイトステージ

 そればかりが頭にあって、(おそらく)戦々恐々、

 早くゴールしてゆっくりカラダを休めたい気持ちも確かにあった。(と思う)

 そんな焦りからか、

 ゴールした時に、ザックにぶら下げていた、寝袋とダウンジャケットがついておらず、

 ゴールしてもしばらく気が付かず・・・

 さてさて、テント内で、ザックを下ろし、くつろごうかなと、思った矢先

 ナイないナイない!

 俺の大事な寝袋とダウンジャケット!

 終始落ち着いたボクですが、まあ大丈夫だろう、誰かしら連絡して拾ってくれている方がいるだろうと、確信していた。

 大会本部に、顔を出し、夜になったらまた来てくれと言われ

 夜早い時間に行ったら、オレの寝袋とダウンジャケット!

 

ありがとうございます!

 

MDSいい大会です!

 

 

MDS サハラマラソン 〜 Stage 2

Stage1を完走後、皆で喧々諤々、テント内でご飯を食べながらコースを振り返りました。

 


また明日のStage 2 は砂丘 (Duneといいます)が20KMほど続くようで・・・焦ります。

 

晩飯はオニシのおこわと出前一丁に見えない出前一丁。

 IKEA袋で調理したので・・・

 

さてぐっすり寝れずに朝になりまして、またまた準備。

朝6時くらいに、変な音楽で起こされて、朝飯、身支度であっという間にスタート時間です。

 まあまあ忙しいんだなぁ。

 昨日通りのパトリック演説を聞きつつ、仲間と戯れながらスタートしました。

 

今日は予定通りのサハラらしい砂丘越えのコース

 砂丘にはスカラベもいました。

 

小さな砂丘を超えると、また小さな砂丘が見えてきて、繰り返しているとCP1に到着。

 

この後は大砂丘20KMが待っております。

 いやぁ、景色が、素晴らしいのひとこと。

 

地図で見ると、メルズーガの大砂丘です、ココ。

 

ちらほら観光客が見えます。

 大砂丘は、歩くスピードすら遅くなり、えんやこらえんやこら、ゆっくり進みます。

 途中、日本人、韓国人とぬきつぬかれつつ、あれやこれや話しながら

 楽しかったけど、ツライコースです。

 

ようやく大砂丘を抜けてCP2に到着。

 

ここでしばし休憩、と補給食をほおばりました。

ここからこの日のゴールまでは、1時間ちょいか。

 

延々、まっすぐな道を早歩き。

20人くらい抜いて、ゴールしました。

きつかったです。

 

 

 

 

 

 

 

MDS サハラマラソン 〜Stage 1

令和になって、何だか書く気力がなかったのですが、ようやく!

Stage1

おはようございます。レース初日、この日の朝から、自炊で朝飯を食べます。

この日は焼き鳥の缶詰とコーヒー?!

レーススタートは8:30

7:30に集まるように言われ、どうやら上空から写真撮影をするようで、ちょい早く集まらされました。

これはテント撤収後の写真↓

参加者は約800人、50カ国以上から来ております。




スタート地点ではMDSのトップ、パトリックのトークが始まり盛り上がります!

 

大会にはヘリが2機常駐しており、写真撮影やら、救助用やらで使うのでしょうか?

 

ヘリの音はなんだかテンション上がりますよね~

 

スタート前には、仲間と写真を撮り合い、お互いの健闘を祈ります。

 

とりあえず、今日は様子見で歩くことにしました。

スタートしてがれ場を歩き、

 草があったり、砂があったり、あまり砂漠らしくないです。

 

遠くの方にランナーの列が見えます。

 なんだか雄大な山が見えて、アメリカのような景色が見えました。

 

ほどなくすると、集落の中を走る(歩く)ところもあり、変化にとんだコースです。

 

集落近辺は、子供らがちらほら出てきて、何かくれとせがんでます。

 チョコレートとか甘いものかな。

 途中2か所のCP チェックポイントを通過しました。

 基本的にはCPでは、軽い給水のみでほぼ素通りしました。

 

ゴールに向けて、砂がきついエリア。

 

また気温も上がって、ちょっときつくなってきました。

 ずっと歩いて、ゴール。

 

これが毎日続いちゃうんだという初日の感想です。

 

 

 

 

 

MDS サハラマラソン 〜日焼け止め編

令和元年!

始まっちゃいました。

そして間が空いてしまいました。

MDSサハラマラソン

荷物の中で日焼け止めが大事です。

今回本当に役に立ったのが

和光ケミカルの

Aggressive Design(アグレッシブデザイン)スターターセット】日焼け止めトップアスリートサンプロテクトとクレンジングオイルSサイズのセット

でございます。

サハラマラソンはシャワーも浴びれず1週間なので、

正直クレンジングオイルは不要ですが、

まあ水は使えないわけではないので

クレンジングどうしてもって場合は持参しても構わないと思います。

私は

毎日この日焼け止めをぬりぬりしておりました。

クレンジングで落としてないので、

重ね塗りですよね。

それから日焼け止めで大事なのは

サハラマラソン用の帽子!

これは

レイドライト raidlight アウトドア 男性用ウェア 帽子 raidlight sahara

っというネーミングで

まさにサハラマラソン用です!

必須です!

MDS サハラマラソン 〜荷物チェック

2日目です。

この日はレース前日、荷物チェックなどなど。

朝飯は大会側が用意してくれ、その後はBib番号時間割で荷物チェックが始まりました。

さて私の装備は。

Raidlight 20L + 5L ザック

Raidlight 750ml ボトル

2

Altra pine peak シューズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルトラ-ALTRA ローンピーク3.5男性用20%OFF
価格:12960円(税込、送料別) (2019/4/21時点)

Raidlight ゲーター

Esbit 火起こしセット

ライト

鏡、レスキューシート、安全ピンなどは自宅の防災グッズを漁って、終了でした。

レスキューシート

安全ピン10

モンベルトイレットペーパー

モンベルダウンジャケット

モンベルダウンズボン

モンベルスリーピングバッグ

#5

食料品

嗜好品

薬など

荷物チェックはチェック表に記載提出、ザックの重量を測って終了です。

ちなみに私は9.5kgでした。

実際にはレース中、ボトルに水を入れますから、プラス1.5kgほどで走ることになります。

この段階で、旅行の荷物はスーツケースごと預け、後はある荷物でレース中は過ごすことになります。

荷物チェックが終わったら、健康診断の紙を提出して、この日は終了しました。

特に問題もなく、明日に備えます。

テントに戻り、仲間と話したり、ゆっくり過ごしました。