投稿者「sabaaiyosuke」のアーカイブ

パゴーのお寺を巡ると幸運が!

パゴーはお寺だらけ。

よって観光もお寺メインになります。

借りた屋根付きレンタルバイクで回ることにします。

雨がポツポツきますが、屋根付きサイコーです。

パゴーの中でもシュエターリャウンは抜群のインスタ映え寺です。

どどーんっと

その隣の、ミヤタリャウンパヤーもどでかい・・・

町の東側にあるシュエモードーパゴダ

いやあ、これだけお寺巡りしたので、さすが!

後日いいことが起こりました。

これは鎌倉移住に関することなんですが、御寺パワー様様です。

さて、パゴー、なかなかの大きさの町でして

こんなショッピングセンターもありました。

ミニスーパーも付設。

ガソリンスタンドは最新式?

パゴー駅近くのアパート?

築何年や??

タナカ石鹸買いました!肌がすべすべになるようです。

お世話になったホテルともお別れ。

本当にいいホテルでした。

ヤンゴンに戻ることにします。

パゴーに行くことに。。

ヤンゴン・ミンガラドン空港に、朝到着しました。

雨です。

新しいターミナルで、数年前に比べて見違えるほどになったような気がします。

おまけに今年はビザなし。

スタンプポンで入国しました。

ミャンマーの通貨チャットにはATMよりキャッシングが便利で手っ取り早いです。

さて、このままヤンゴン市内に向かってもいいけど、天気いまいちですが

パゴーに行くことにしました。

パゴー行きのミニバス乗り場までタクシーで。

おーーミニバスって、使い古したマイクロバスでございます。

前の席に陣取り、パゴーに向けて出発。

途中、乗り合いなので乗ってくるわ乗ってくるわ。

最後はぎゅうぎゅうの状態でパゴー到着。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビルマの竪琴 [ 石坂浩二 ]
価格:3632円(税込、送料無料) (2019/9/6時点)

2時間弱かかりました。バックパッカーらしい移動になってしまいました。

昼に到着したので、そこそこのレストランでランチ。

チャーハン、いまいちでしたが、ビールがあるので大丈夫。

宿探しは、めぼしいところに行ってみたところ、朝食付き25ドルできれいな部屋をゲットできました。

と同時に、雨がザンザン降り。

ここは1泊予定なので、レンタルバイクで回ることにしました。

がラッキーなことに、屋根付きレンタルバイクじゃないですかーー!!

雨でもラクラク回れますなー

当日、UAマイレージで発券

成田で困ったちゃんになってしまい、途方にくれましたが、

ラウンジでビール飲みながら、作戦会議。

UAのマイレージを調べてみると、夜のNRT-SIN(NH利用)が残1席表示、

からの乗り換え翌朝SIN-RGN(SQ利用) が取れるではないか・・・!

で帰り便は、RGN-BKK-HAN-HNDと、やや乗り換えが多いけど

BKK3泊もできるので申し分なし。

ということで、サクッとやはりミャンマー行けることになりました。

夕方まで、KEのラウンジで飲み食いしていたら、飲みすぎのままNHの搭乗時間となり、

映画を見ようとしてましたが、爆睡のままSIN到着。

そのまま再びラウンジへ。

夜中でしたが、晩飯を軽く食べて、マッサージ器で爆睡。

目覚ましをばっちりかけたので、早朝のSIN-RGN便には、問題なく搭乗できました。

SIMカードも入れ込んで、さてRGN到着です。

中国東方航空でヤンゴン?!

お盆期間中、会社は休みではないのですが、

あまりにも仕事がないので、社歴の長い私が再び1週間休むことに・・・

羨ましいやら、なんとやらで。まあ有給休暇の消化なので。

出発3日程前にデルタ(DL)のマイレージで、

NRT-PVG-RGN

BKK-PVG-NRT

という中国東方航空(MU) ルートでどお盆期間中取れました。

もっとも行き帰りはPVGにて8間ほど待ち。

おまけにRGNも夜中着。という酷いスケジュール。

まあ今回は1人なので、何とかなります。

出発当日、上海に台風が直撃しているようで、まあ成田まで行ってから、指示に従おうかと思い

早めに成田に到着しました。

中国東方航空カウンター

「本日、台風のため欠航~つきましては、中国のカウンターに電話してくれ」と。

その場のカウンターでは、文句言っても、何もしてくれず。

中国に電話しても、一向につながりません。電話代はこちら持ち・・・汗

そうだ!今回はDLマイレージで取ったので、DLに電話!

つながらない~汗

そうだ!第一ターミナルにDLのカウンターがある。

行ってみたところ、DLカウンターのスタッフが、DLのマイレージデスクは電話のみなんです。

えーーー

電話貸しますので、どうぞ。

えーーー

自分でまた同じ電話番号にかけますが、一向につながりません。

カウンターの女性スタッフは、好意で、連絡先を好感して、

対応してくれることになりました。

なっなんなん!最初からそうしてよーー時間がもったいない・・・・

いや、マイレージ戻してもらう手続きしたので、今日行くところがなくなりました。

さてどうなるオレ

どこに行くオレ

秩父三昧コース

仲間と秩父に行ってきました。

朝到着してさくら湖でSUP

ここダム湖なんで、巨大な壁があり、こんなところでSUPできるのーー?

って感じでしたが、地元に詳しい友の案内でスペシャルな場所wSUPができました。

人が・・・居ない!!

湖上でのSUPは神秘的です。

ランチは小鹿野町にあるわらじかつ

@安田屋本店

ココ、店員の対応が最悪でした。

わらじかつは胃にもたれました。

↓中身はヒミツ

のでリピートはありません。

お次は秩父ワイン。

工場見学をして、ドライバーなので試飲できず、しかしながら

シュルリーの源作ワインを購入しました。

最後は、今回のツアープランナーのKちゃんが110万円で購入した小鹿野町の1戸建て見学~

この金額でびっくりするほど状態の良いログハウスでした。

皆でBBQできるスペースもあるので、今後の活用次第でしょうか・・・?

シキホールあれこれ〜

シキホール到着後、ここに3泊します。

のどかなシキホールですが、意外に人が多く、生活感が溢れます。

レンタルバイクをして島1周80キロ してみます。

オレが運転手、妻子は後ろに乗って3人乗り!アジアンスタイルですね。

Century Old Balete Tree

ヒーリングスポットでしょうか。パワースポットでもあります。

大型のドクターフィッシュがおり、入場料払うと、だれでもできます。

ここの水は自然の淡水だそうで、時期によって水量が変わるそうです。

Cambugahat Falls

フィリピン人は、海より滝が好きですね。人でごった返してます。

駐車場から150段くらいある階段を下ると、ワイワイ、滝つぼがいくつもあって、涼を楽しんでます。

しかし帰りは登り。きついです。

Salagdoong Beach

シキホールは海がきれいなので、シュノーケル三昧と思いきや、意外に藻が多かったり、遠浅だったり、

スポットが探せませんでしたが、ココはなかなかよかったです。

おまけに、ビーチからすぐに楽しめるので手軽です。

Lita’s Pan De Bisaya

ここかなりのローカルな焼き立てパン屋です。

よく見ないと、通り過ぎてしまうほどのお店ですが、午後に行ってもパンがたくさんありました。

どれもおいしい!

っというか、普通でした。でもここシキホールではこういうパン屋ないので貴重ですね。

黒魔術は?

先述のCentury Old Balete Tree の土産屋の彼が連れてってくれます。

うちの嫁さん、やってもらいました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図解黒魔術 (F-files) [ 草野巧 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/8/21時点)

黒魔術の島?!シキホールへ

ボホールからOceanjetの高速船で1時間半、

あっという間に移動できます。

が、船内かなり揺れて、いろいろ大変なことに。

シキホールのLarena港に到着しました。

テキトーにトライシクルを探して、島東側のSunJuanにある Tropicasa Siquihor へ向かいます。

いい感じのコンドミニアム風ホテル。

2LDKとかなり広く、部屋からは目の前がビーチ。

最高のロケーション!

遠浅で、砂洲が出来ていて絵になるーー

しかーし、藻が多くてシュノーケルは不可ですわー

さて晩飯は外食も飽きて、キッチン付きなので、自炊にチャレンジ!

バイク借りて、22km先のスーパーマーケットまで買い出ししました。

折角なので、フィリピン牛ステーキとゴーヤサラダ。

お米も炊いて、頂きまーす。

お米もブラウンライスを買ったので、随分と茶色な晩飯になってしまいました。

ボホールあれやこれや

ボホールはフィリピンで10番目の大きさ。

沖縄本島の2倍くらいだそうです。

そんなボホール東端に来たんですが、ドライブしてると、まあ人が結構すんでまして、

途中途中に町やら村、学校やら、海岸線だからか、

人の多さを感じます。

島の東 Jagnaにもマクドナルドがあってびっくりしました。

スーパーもあります。

やっぱりビーチとビールですね。

ということで、ボホールを後にして、シキホールへ

Oceanjet のボホール→シキホールは1日1便。

席が激狭です。

マニラ経由でボホールへ

妻子がフィリピンに親子短期留学することになり、

入寮前1週間、ビサヤ諸島を中心にぐるっっと旅してきました。

マニラ到着後、夜遅い時間だったので、予約しているアチバースホテルへタクシーで向かいました。

このタクシー代が高い!高すぎる!

ものの10分もかからないターミナル4前のホテルまで

1500ペソと規定料金だと髪も見せてくれ、ええーーーー3000円すか・・

あり得ん。

と少々お疲れ気味だったので1200ペソで妥協。

マニラ、こんなもんですよね。

さてアチバースホテルは、翌日ターミナル4からの国内線なんで、超近い立地。

ホテル自体は、可もなく不可もなく。ちょっと狭いですかね。

朝食もセットメニューからしか選べないので若干不満でした。

翌日昼前のエアアジアでボホールへ飛びます。

ほぼほぼ満席で、最近移転した真新しいパングラオ国際空港に着陸しました。

ほぼフライトがないので、あっという間に、予約していたレンタカーと落ち合えて、

車を借ります。

レンタカー代は11800ペソ

とまずまず安いです。

今日はボホールの東端、Andaアンダ まで100km走ります!

以前ボホール来たときは、このパングラオ島に泊まったのですが、

観光地化してて、ちょっと疲れます。

ビーチもまずまず。

今回は、車で遠くまで行くことにしました。

さて、途中ランチをすませ、ボホールの道路事情は全く問題ないです。

走りやすいし、ほどほど飛ばせます。

田舎になるのでマナーもまずまず。皆せかせかしてないですね。

夕方5時にAndo White Beach Resortに到着。

こじんまりしたリゾートホテルです。

今宵は、ホテルのレストランで食事をしてゆっくりすることにしました。

↑これなんですかねー汗

北岳ソロ登山〜降り下り

北岳の続きです。

初日に北岳から肩の小屋に下山途中、すってんころりん、

ころんで半月板を痛めてしまいました。

びっこしながら、テントにて晩飯です。悲しい。

ちなみに山小屋では食事も取れるし、生ビール900円もあります。

用意していたアルファ米と、持ってきたコンソメでスープを作り、

具はベーコンとしめじです。

アルファ米は、4月に出場したサハラマラソンの時に散々お世話になったしろもの。

久しぶりでしたが、手軽に調理できて、おいしい!

携帯用バーナーはこちらを持参しました。

さて、左足痛いまま、夕日を見て、ジンビームを飲んで、眠気を誘います。

が、7過ぎには、暗くなり、周りの皆さんは、テントに入って寝るモード?

もちろん何もやることなく、持ってきたiPoneでアマゾンビデオを見ようと

充電器で充電しようとすると、

ないない!

コードを忘れてきました。

充電器はあるのに、充電できない。

こりゃ寝るしかないですね。

眠くなる夜中、寒くて今度は寝れません。

モンベルのダウンハガー

#2

10度までCOMFORTに寝れるって書いてましたが、寝れません。

足も痛いし。。

うつらうつら・・・4

外が騒がしくなり、日の出を見ようとテントから出たら、素晴らしい景色が!

下山の時が来ました。

広河原から芦安駐車場に戻るバスが朝9時半

足の激痛は続くものの、自力で下山するしかない。

ということで朝6時前に歩き出しました。

左足をかばいながらの下りは、精神的にもかなりしんどいです。

おまけに右足中心に踏み込むと、そこに余計な力がかかって、滑りやすくなる。

という危険な下り方。

途中でソロで下山していたタイ人に会って、

ペチャクチャしゃべりながら歩いていたので、多少はまぎれました。

下山路は二股経由で沢沿いに歩いてきました。

途中雪渓があって、見事な景色。

しかしつらかった。

何とかバスの時間に間に合い、無事下山完了!