与那国島、食いっぱぐれないように!食事事情

与那国島の人口は2000人以下。

おまけに、毎日小型機で石垣から3便、那覇から1便、船は週2便

ということで、

人、モノの出入りが極めて限られてきます。

人、モノが限られると、スーパーは無く、商店が島に数軒、実際には10軒くらいあるかも。

食事処の居酒屋なり、食堂も限られます。

我々の食事はこんな感じでした。

初日晩飯は女酋長。

カジキ、カツオの刺身が美味美味!

泡盛が合います!!!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

与那国 60度/720ml【沖縄】【泡盛】【花酒】
価格:2633円(税込、送料別) (2018/9/30時点)

楽天で購入

二日目のランチは比川のわかなそば。

3連休なので、混んでました。

というか、比川でやってるのはここだけ?

二日目の晩飯は久部良のサザンコール

日曜日だったので、やってる飯屋が少ない上、電話したらどこも満席!

評判イマイチのこちらで食事。

はい、イマイチ以下でした。

写真なし。


三日目のランチは、

久部良の鮮魚店で、カジキ刺身!

隣の商店で、揚げ物弁当買って、ホテルで食べました。

カジキ美味美味!

三日目の晩飯は予約したビアガーデン国境。

予約後、訪問。

まずまずでした。

写真がないから、そういうことなのか。

ということで、与那国島の食事は予約必須。

人数が多いと対応不可だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です