与那国にてシュノーケリング

与那国はあまりシュノーケリングで知られておらず、どうしても海底遺跡がメインになります。

前情報もあまりないので、とりあえずシュノーケリンググッズを持って浜に行きました。

まず、祖納にあるナンタ浜。

たまたま日曜日で、地元の方たちが簡易滑り台を作って、一緒に遊びました。

シュノーケルの方は、ダメ!

ちょい沖にテトラポットが沈んであり、

そこにちょろっと魚がいる程度。

透明度もイマイチで、シュノーケルには向いてないです。

次は比川浜。

Dr.コトー診療所のあるトコです。

遠目から見るとかなりキレイなビーチ。

ただ海岸には潮流の関係?で、体力のゴミが流れて来てます。

フィリピン、台湾、中国のゴミがほとんどでした。

シュノーケルも今ひとつですが、クマノミ見つけました。

お次はダンヌ浜。

波がかなり入ってきて、流れが強いです。

しかし、透明度がかなり良く魚影が濃いですね!

駐車場脇のトイレからこんな景色が。

ということで、翌日行ったナーマ浜で最後。

久部良港の脇にある入江で、のんびりシュノーケルできます。

階段右側はが濃く、またまたクマノミ見つけました!

ということで、与那国島シュノーケル4ヶ所レポートでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です