広州での仕入れ初日

広州仕入 初日

おはようございます。

広州仕入初日です。今日と明日の2日間のみ


時間がないので気合い入れるしかないですね。

ということで、ホテルでの朝飯付きではなかったので

徒歩圏内にあるお店へ出向きます。

腸粉と呼ばれるお米の粉で作った皮で肉やら野菜の具がまかれてるものが有名です。

ベトナムでよく見られる生春巻きの皮のちょっと分厚いかんじです。

水で戻してますので、のど越しがよく、ツルツル麺のように吸えます!

これ非常においしいですね。

うちの3歳の息子は、うどんって言って食べさせました。

これにお粥。

お粥もおいしいですが、腸粉と食べたらお腹いっぱいになります。

ボリュームあって15元(270円)程度。

物価が高いとはいえ、まだ安いです。

朝食をとって、近隣の万菱広場に向かいました。

ここは雑貨・玩具を扱う卸売ビルです。

地下から地上8階?くらいまであったような、

エレベーター、エスカレーターもあるので移動はラクですが

何せ子連れなので、おもちゃ屋でストップしちゃいます。

おもちゃも、あーセブでみたことある、とかバンコクの何とか市場であったようなものばかり。

つくづく、世界の工場は依然として中国なんだなと思います。

目ぼしいものは

空き缶タイプのスピーカー

スマホのリング

ルービックキューブ

などなど。

概して、物に溢れていて、レベルが高いのが第一印象です。

それぞれのお店が工場と直結のところもおおいようで、

OEMも即可能なところがほとんどでした。

既製品も、50個、100個最低ロットのところもあるものの、

品物によっては、1個から買えるところもあり、

素人でもぶらっとお買い物ができるところもGOODでした。

ここまであらゆるジャンル集結している卸売ビルは、日本にはないですね。

ということで世界中からバイヤーがたくさん来てるのも頷けます。

上階は、インテリア、ガーデン関係が多く、石像なんかも売っていて楽しいです。

ボチボチ仕入も済ませ、終了したのが午後1時過ぎ。

買い物に付き合わせた息子も、だんだん言うこと聞かなくなってきました(汗)

昼食は、万菱広場前のこぎれいな中華そば屋にてパクチー鳥丼!で済ませました。

特筆すべき味ではなかったですが、不味くはなかったですよ。

ランチ後は、服飾の市場である広州駅エリアへ。

こちらも地下鉄2号線で1本。

さくっと移動できましたが、駅に着くと人がごった返し、とにかく人が多い印象です。

広州駅の南西のエリアは、服飾の建物がたくさん。

正直服飾は全く興味がないというか、ピンときませんでしたが、これも勉強のうち。

ぐるっと回ることにしました。

主に若い女性向けの服飾が多い印象です。

すでに夕方18時近く。これにて初日は終了しました。

中国人ガイドをつける予定でしたが、子連れのこともあり、なかなか自由が利かなくなりそうだったので

自力で回りました。

料金交渉も、ある程度の中国語と英語でなんとかできましたので

ガイドはつけなくても正解だったかなと。

ただスマホで常時検索は必須、あらかじめ建物の場所とスケジュールを組んでおけば

自分らだけでもなんとかなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です