羽田から広州へひとっ飛び!

今回の旅の目的は、物販用の仕入れです。

帰国のことも考えると、荷物も大変。




よって車で羽田空港まで行っちゃおうということになり出発しました。

GWまっただ中、平日とはいえ国際線の駐車場、駐車できるのかどうか不安がありました。

前もって、4月28日29日あたりの駐車場の満空状況をネットで見てましたが

問題なさそうです。

羽田空港国際線の駐車場は3000台の収容、

ここに停めるつもりで行って、停めれなかったら

怒涛に迷います。

最近はやりの予約制のパーキングも見ましたが、

最寄り駅まで徒歩10分だったり、まあ荷物があるとあまり現実的じゃないですね。

いずれにしても、今回はターミナル前の駐車場に停めれましたので問題ありませんでした。

フライトは、CZ3086便 機材はB737-700と小ぶりでした。

さすがにGWとあって満席。

なんとなくシートピッチが広い席のような気がしましたが、気のせいかな。

離陸後、ドリンクサービス、ミールサービスと、問題ありません。

個人モニターがありませんので、公共のモニターか持参したパッドを見るしかないですね。

私のお気に入りのパッドは

こちら・・・

軽量で子供にも渡しやすく、重宝しております。

さてフライトは定刻より15分遅れの15時くらいに到着。

気温は30度、ムシムシしてました。

ちょうどエチオピア航空到着のタイミングで、荷物受取レーンも同じ。

わちゃわちゃ、混とんとしておりました(汗)

市内までは、タクシーかなと思ったら、

長蛇の列・・・・しょっぱなから中国の洗礼を。

広州白雲空港は地下鉄が乗り入れてますので、適当にそれで市内まで行くことにしました。

地下鉄は乗り心地も問題ありませんが、人が・・・多いです。

平日の夕方前なのに、なんでなんで?

ホテルまでの最寄り駅はちょっと不便だったので、

適当な越秀公園とやらの駅で下車。

そこからタクシーで15分弱でホテル到着でした。40元。

投宿先は

ホテリデーインシーフー

4つ星ホテルで、広東酒家など有名な飲茶屋が多いエリア。

館内WIFIもVPN接続で、ストレスなくFACEBOOKやらLINE、GOOGLE使えます。

これは普通のことだけど、大事ですね!

そんなこんなで、夕食は、徒歩圏内の飲茶店  陶陶居へ。

かなり老舗のようですが、日本語のメニューなし。

メニュー選び苦労しましたが

子供の食べれそうなものも注文でき、まあ満足でした。

さて明日の仕入れに控えて、今日は早く寝ることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です